ケーキを買った時についてくる保冷剤は捨てない

ネット通販で新鮮なお魚や生ものやケーキ屋さんに行った時によくついてくる保冷剤は、そのあとどのようにしているのでしょうか。

用は済んだしあとはゴミ箱へ直行という人も中にはいたり、そのあと再度冷蔵庫に入れて冷やしたり、冷凍庫に入れて何かに役立てようと再利用する人もいることでしょう。
そして再利用として、夏のお弁当が悪くならないように保冷剤を入れたり、夏のレジャーでジュースを冷やすために利用したりすることも効率が良いです。

保冷箱における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

さらに、小さいサイズなら夏場のスマートフォンの冷却にも使用する場合もあります。


しかし、これらすべてとても素晴らしい使い道ですが、もっと使い道があることを知っておく必要があります。

特に女性の場合、夏になると、毛穴が大きく開いていき、せっかくお化粧をしても化粧崩れの原因にもなったり、皮脂が詰まりやすくなって毛穴の黒ずみの原因にもなります。
そのような悩みは保冷剤で解決できるのです。



朝の洗顔後やメイクを落とした後、冷やした保冷剤を小さいタオルなどに包んでお肌にペタペタ抑えます。


熱がこもって毛穴が開いた状態で冷たいものあてて急激に冷やすことで、毛穴が一気に引き締まり、黒ずみの原因の皮脂のつまりを改善してくれるのです。

今すぐ使える朝日新聞デジタルの情報を手に入れてみませんか?

また、お肌のケアだけでなく、皮膚の炎症を抑えるために使用することも可能です。
食べ物の鮮度を保つだけではなく、美容や健康面にもたくさん使い道はあるので捨てずに再利用して見るのも良いでしょう。